電子書籍Kindleとは何なのか?No.31

          

Kindleとは同アプリに対応している電子書籍を読むためのamazonがつくったシステムです。無料配布されているアプリKindleの使い方と活用法をできるだけシンプルにお伝えします。電子書籍はスマホの普及とともに、紙の本と違ってかさばらず置く場所にも困らないので多くの人に利用されるでしょう。その中でもKindleは現在電子書籍のアプリとしてはおそらく最もメジャーといえます。Kindleの使い方をマスターしておくと、知的生活を送る上で非常に便利です。

Kindleとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kindeといっても2種類ある

 

スマホやタブレット、パソコンで読むためのアプリ

Kindleは電子書籍を読むためのアプリです。スマホやタブレット、パソコンなど自分が普段使用するデバイスにアプリをインストールして、kindle本といわれるKindleアプリに対応している書籍をオンラインで購入(ダウンロード)して読むというスタイルになります。

専用タブレット

一方、それとは違う端末機器としてのKindleがあります。これはKindle本を読むための電書籍リーダーとしての端末で、amazonから販売されているいわゆるKindle本専門機になります。

見た目は普通のタブレットに見えますが、あくまでKindle本を読むためだけの機器なので、一般のタブレットとしての機能はありません。また目が疲れないよう無駄な発光が抑えられている白黒の特殊な画面なので長時間の読書も紙の本と同じ感覚で読めます。Kindle本を読む他にも普通のタブレットとしても使用したいという場合は、amazonからFireタブレットという端末も販売されているのでそちらをお勧めします。

Kindle本を単に読むというだけであれば、今ご使用のスマホ、タブレット、パソコンにアプリをインストールするだけで後は好きなKindle本を購入しダウンロードするだけで読めるようになります。

使用用途別に分けたい人や、よほど膨大なデータ量のKindle本をダウンロードする人以外は無料アプリで十分でしょう。

Kindleのメリット・デメリット

以下はKindleアプリについての説明となります。

メリット

Kindleアプリで電子書籍を読むメリットはやはり、数百冊の本をスマホの中に入れて持ち歩けることでしょう。スマホは外出する時に常に携帯しているわけですから、好きな本を好きな時、好きな場所でいくらでも読める便利さは画期的です。

紙の本であれば1冊の重さや大きさがあるので、持ち歩ける冊数にも限界があります。Kindleアプリは言うなれば自分の本棚を持ち歩いているのと同じですから隙間時間、待ち合わせの空き時間などで無限に活用できます。

またKindle本は名もない作家や、素人の方の本も自由に販売されているので、Kindleでしか読めないマニアックな本も読めます。

さらに紙媒体で出版されてる本でKindle版が出ているものは10%割引の価格が定価となっているためお得です。

デメリット

Kindleアプリは無料でインストールできますし、使わなければ放置してもなんら損失はありません。ですのでデメリットをしいて挙げるならデバイスのアプリ分の容量くらいなものでしょう。といってもKindleアプリはけして大きな容量をくうというわけではないのでデメリットになるレベルではありません。

あとは紙の本で読むのと、スマホ画面などで読む場合ちょっとブルーライトが近くて刺激が強いことは注意が必要かもしれません。これはKidleというよりはスマホそのもののデメリットですが、たとえば同じ1時間本を読むにしても紙の本とスマホ画面で読む場合だと、やはりスマホ画面で読む方が視力が悪くなる確率が高いでしょう。

しかしメリットとデメリットを単純に天秤にかけたとしても、私見ではありますが、連続で読み続ける(画面を同じ距離で見続ける)ことさえ気をつければ圧倒的にメリットの価値の方が高いと思います。

Kindeアプリの使い方

使い方はいたって簡単です。

1  まずはアプリをインストールしましょう。

2   amazonサイトでログインします。まだアカウントがない状態であれば無料アカウントを取得しておきます。

※アカウントを取得すると、通常の決済方法などを設定することができます。クレジットカードで支払うようにしておけばKindle本は購入後即読めるのでクレジットカードの登録をお勧めします。

3  Kindle本カテゴリーの中から購入したい本が見つかったら1-clickで今すぐ買うを押すと、端末にインストールされているKindleアプリに自動的に配信されます。

そうすると、すぐにKindleアプリのライブラリ画面の一番上に最新でダウンロードした本が表れます。

通信状況や、複数端末をamazonに登録している場合は表れないことがあるので、同期ボタンを押して手動でダウンロードさせます。

4  これで本をタップすれば読めるようになります。

※デバイスの登録は6つまでですが、通常であればスマホ、タブレット、パソコンの3つ登録できれば十分でしょうからまったく問題ありません。

amazon Kindle Unlimited とは

Kindle本の中には、Kindle Unlimitedに対応している本があります。これはamazonプライム会員(年会費3980円)がさらに月額980円のKindle  Unlimitedの契約していると0円で読み放題になるシステムです。

↑ Unlimited契約をしていない場合は540円。 Unlimitedに入っていれば月額980円で対応している書籍は読み放題。

ただし端末のアプリにダウンロードしておける数には限りがあるので、オーバーする場合は普段読む本を端末に保管して、たまに読むものはクラウド保管にしておきます。必要に応じて本を入れ替えれば良いだけなのでまったく問題ありません。

※端末にダウンロードしておける冊数は10冊

ダウンロードは何回でもOKなでいつでも自由に入れ替えができます。

Kindle Unlimited対応の本は、種類が限られるますな、欲しい本がたくさんあって、毎月の購入額980円以上になるようであれば Unlimited契約した方が当然お得です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。